産経WEST

【正木利和のスポカル】抱一の弟子、鈴木其一はほんとうに琳派だったのか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正木利和のスポカル】
抱一の弟子、鈴木其一はほんとうに琳派だったのか

河合寸翁像 姫路市立城郭研究室蔵 河合寸翁像 姫路市立城郭研究室蔵

 自然の草花や木々もしかりだ。たらし込みといった琳派独特の技法を用いながらも、彼の作は先人たちのものとはどこか異なっている。それは、デザイン性を特長とするこの派にあって、彼の作は、写実性を強調する仕様になっているのである。

 たとえば「藤花図」や「朴に尾長鳥図」、「花菖蒲に蛾図」、「月に葛図」、「暁桜・夜桜図」などを見ると、まるで円山派が描いたのではないか、と思わせるほどの描写力を示している。

 人物画も同様だ。「河合寸翁像」は、肖像画家の作品といっても十分に通用するできばえである。

 それだけではない。「虚空蔵菩薩像」のような極めて丹念な仏画も描けば、「大江山酒呑童子図」のようにまるで歌川国芳が描く武者絵のような顔が現れてくる作品もある。

 さらに、其一の作品には「節句掛」といわれる季節の掛け物(雛図や鍾馗図)に新しい工夫がこらされ、「能楽」という新たなテーマに挑んだものもある。

 こうしてながめてくると、其一がいかに当時の画派の影響を受けているかがわかる。写実といえば、長崎派や円山応挙。肖像画では谷文晁や渡辺崋山。武者絵といえば歌川派の国貞や国芳という人気を博した画家たち。ほかにも同時代という点では、天才絵師、葛飾北斎や其一と同じ年に同じ病のコレラで亡くなった歌川広重などもいる。

 其一の絵が他の琳派の画家に比べ、表現が豊かな理由は、こんな風に同時代に起こったさまざまな潮流に影響を受けた、という点にある。

 「其一は大変によい絵の具を使っています。彼の絵の色彩が美しいのはそのため。よい絵の具をなぜ使うことができたかというと、彼のクライアントには大名家など裕福な人たちがいたからです」(高瀬課長補佐)

 息子の守一をはじめ中野其明、村越其栄ら多くの門人を抱え、一派を築いた其一は、このまま琳派の枠のなかだけにとどまっているなら、いずれは時代に取り残され、そうしたお得意さまをつかまえておくこともできなくなるのではないか、と読んだのではなかったか。

 つまり、彼があらゆるものを、あらゆる手法を駆使して描く道を選んだのは、江戸後期に勃興(ぼっこう)してくるさまざまな画派のなかで、自らが生き残るためだったのだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 抱一の弟子、鈴木其一はほんとうに琳派だったのか
  • 抱一の弟子、鈴木其一はほんとうに琳派だったのか
  • 抱一の弟子、鈴木其一はほんとうに琳派だったのか

関連ニュース

【正木利和のスポカル】モテる技術は龍馬に学べ 女子ウケのコミュニケーション力とは

「産経WEST」のランキング