産経WEST

【青年市長の汚職裁判】藤井・美濃加茂市長に逆転有罪判決、一審無罪を破棄 争点の贈賄側証言について「相当の信用性」 名古屋高裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【青年市長の汚職裁判】
藤井・美濃加茂市長に逆転有罪判決、一審無罪を破棄 争点の贈賄側証言について「相当の信用性」 名古屋高裁

控訴審判決のため、名古屋高裁に入る岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人被告=28日午後 控訴審判決のため、名古屋高裁に入る岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人被告=28日午後

 岐阜県美濃加茂市議だった平成25(2013)年に愛知県の会社社長から計30万円を受け取ったとして、事前収賄と受託収賄などの罪に問われ、一審名古屋地裁が無罪とした美濃加茂市長の藤井浩人被告(32)の控訴審判決で、名古屋高裁(村山浩昭裁判長)は28日、一審の無罪判決を破棄し、懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円を言い渡した。争点となっていた贈賄側の証言について「相当の信用性が認められる」と判断した。

 藤井市長は一貫して無実を主張し、一審は現金授受を認定しなかった。地下水供給設備会社社長、中林正善受刑者(46)は別の裁判長が審理した地裁の公判で贈賄罪を認め、懲役4年の判決が確定した。一、二審とも中林受刑者の証言の信用性が最大の争点だった。

 一審判決は中林受刑者の供述を「不自然で変遷しており合理的な疑いが残る。核心的部分で臨場感がない」と判断した。

 検察側は控訴審で状況証拠を整理し「中林受刑者の供述は裏付けの証拠もあり、虚偽とは考えられない」と主張。一方、弁護側は「中林受刑者はありもしない贈賄の事実をつくり、検察との打ち合わせで証言を固めた」と反論していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 藤井・美濃加茂市長に逆転有罪判決、一審無罪を破棄 争点の贈賄側証言について「相当の信用性」 名古屋高裁

関連ニュース

【青年市長の汚職裁判】「はめられたんじゃ…」人口の4割“支援”の署名、異例の地元反応…5日判決、岐阜・美濃加茂市

「産経WEST」のランキング