産経WEST

【WOMEN】高級ランドセル…一貫手作業「男も女も関係ない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【WOMEN】
高級ランドセル…一貫手作業「男も女も関係ない」

慎重な手つきでランドセルのパーツをミシンで縫い上げる松本都さん=大阪市生野区(奥清博撮影) 慎重な手つきでランドセルのパーツをミシンで縫い上げる松本都さん=大阪市生野区(奥清博撮影)

 「パーツは約200個。うちでは、縁どりの革や縫い糸の色、金具を選べるオーダーも受けているので、覚えることは山ほどあります」と長井宏治専務(38)。しかし、いまの時代「見て、覚えろ!」では、技術の習得にも時間がかかる。「男女を問わず、自分で時間を見つけて腕を磨きたいというやる気が、職人としての伸びしろになります」

 同社でランドセル作りに従事する12人のうち女性は4人。職人かたぎのような堅い雰囲気ではなく、ソフトな空気が流れる。工房では昨年から一般向けの「月イチ見学会」(5~9月)を始めた。松本さんは「作業中も、質問をしやすい雰囲気をつくりたい」と笑顔を浮かべた。

 同社では、松本さんの先輩でこの道12年の宮本香織さん(34)も、ものづくりが好きで入社した。「入社までは、よそで作った部品を組み立てるだけと思ってたんですが、すべて完全な手作り。うちの子供も、私が作ったランドセルを背負って小学校を卒業しました」と胸を張った。

     ◇

少子化、高級志向、安泰でない…だからこそ「伝統に、どう工夫を盛り込むか

 ランドセルを含む「通学用かばんの月別支出金額(2人以上世帯)」という統計が総務省にある。10年ほど前は入学直前の3月の支出が最も多かったが、近年は10月がピークで、8、9月と購入時期が早まる傾向が見られた。

 背景には、祖父母が孫のために購入する需要を見越し、帰省シーズンの盆前にメーカーや小売店が新作を販売する戦略を取り始めたことがあるようだ。色や素材を選べるこだわりのランドセルが人気を呼び、平均価格も平成17(2005)年は約1万2800円だったのが、昨年は約2万8700円と、高級志向になっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高級ランドセル…一貫手作業「男も女も関係ない」
  • 高級ランドセル…一貫手作業「男も女も関係ない」

関連ニュース

【WOMEN】キラリと光る主婦の「技」商品開発や子育てに

「産経WEST」のランキング