産経WEST

「相談Welcome」祇園に外国語交番 「おもてなし通訳人」も242人 京都府警など観光客対応に本腰

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「相談Welcome」祇園に外国語交番 「おもてなし通訳人」も242人 京都府警など観光客対応に本腰

茶道体験ができる場所を探しているというオーストラリア人観光客の話を聞くおもてなし通訳人=28日午後、京都市東山区の祇園交番 茶道体験ができる場所を探しているというオーストラリア人観光客の話を聞くおもてなし通訳人=28日午後、京都市東山区の祇園交番

 講師の一人で教養課の高木修警部(56)は、通訳として外国人の取り調べなどを担当している。「京都を訪れる外国人の方には気持ち良く滞在してほしい。トラブルが事件に発展しないよう、おもてなしの気持ちを持って外国人観光客に対応することが求められている」と話していた。

5府県警に外国語対応交番要請

 “警察の国際化”は京都以外でも取り組みが進められている。

 警察庁は今年1月、交番や警察署で訪日外国人旅行者への対応の強化を全国の警察に指示。4月には、多くの観光地を抱える5都府県警に対し、外国語対応交番の設置を要請した。

 昨年度の国際線の外国人の旅客数が1100万人だった関西国際空港にある大阪府警関西空港署ターミナル交番(同府泉佐野市)でも、10月から外国語対応モデル交番の運用をスタート。英語や韓国語が話せる4人を配置し、道案内や遺失物・拾得物の問い合わせなどにも対応している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「相談Welcome」祇園に外国語交番 「おもてなし通訳人」も242人 京都府警など観光客対応に本腰

関連ニュース

豪華列車、海外富裕層に売り込み強化 JR西などフランスで見本市初出展 近鉄は英語サイトで予約も  

「産経WEST」のランキング