産経WEST

トラックと衝突、男性死亡 「乗用車がセンターラインを越えてきた」 亀山市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


トラックと衝突、男性死亡 「乗用車がセンターラインを越えてきた」 亀山市

 27日午前6時15分ごろ、三重県亀山市椿世町の国道1号亀山バイパスの高架で、兵庫県宝塚市栄町の会社員淵本崇央さん(44)の乗用車と、岡山市南区古新田の会社員三浦茂さん(47)の大型トラックが正面衝突した。乗用車は大破し淵本さんは全身を打って死亡、三浦さんは脚に軽傷を負った。

 亀山署によると、現場は見通しのよい片側1車線。三浦さんは「走っていたら乗用車がセンターラインを越えてきた」と話しており、同署が詳しい状況を調べている。三浦さんは千葉県から広島県にプラスチック製品の原料を輸送中。淵本さんは26日夜に「鈴鹿サーキットに行く」と家族にメールしていたという。

関連ニュース

米の最新鋭ステルス巨艦「ズムワルト」 太平洋を前にパナマ運河で故障 対中牽制の出鼻くじかれる

「産経WEST」のランキング