産経WEST

防災リーダーとして防災の仕組み「創る」 高校生サミット「黒潮宣言」採択 高知・黒潮町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


防災リーダーとして防災の仕組み「創る」 高校生サミット「黒潮宣言」採択 高知・黒潮町

 津波の日制定を提唱した自民党の二階俊博幹事長は「帰国したら日本での経験を話し、多くの人を災害から救うという強い決意をお願いしたい」とあいさつした。

 午前の避難訓練では、緊急地震速報を合図に、揺れから身を守る行動を取る「シェイクアウト」を実施。その後、小学生の先導で、高台に小走りで駆け上がった。

 江戸時代に町を襲った安政南海地震を記した石碑や、黒潮町が整備を進める津波避難タワーも見学。同町職員から、約160年前に一帯が水没したこと、タワーは100人を超える命を救えることなどを説明され、神妙な面持ちで聞き入った。中国海南省の高校2年陳●(日へんに句の口が二)さん(16)は「私たちの土地でも、台風で家が破壊されたりしている。タワーは、災害から身を守るいいアイデアだと思う」と話した。

続きを読む

関連ニュース

OBPで初めての地域防災訓練 帰宅困難者を退避誘導 大阪市

「産経WEST」のランキング