産経WEST

防災リーダーとして防災の仕組み「創る」 高校生サミット「黒潮宣言」採択 高知・黒潮町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


防災リーダーとして防災の仕組み「創る」 高校生サミット「黒潮宣言」採択 高知・黒潮町

 「世界津波の日」制定を記念し、30カ国の高校生が地震や津波の脅威を学ぶ高知県黒潮町のサミットは26日、約360人が町主催の避難訓練を体験、総会では今後の防災への取り組みを誓った「黒潮宣言」を採択し、閉幕した。

 総会では、地元の県立大方高1年の議長2人が自然災害の歴史を「学ぶ」、防災意識向上のために啓発活動を絶やさず行うなど「行動する」、次代を担う防災のリーダーとしてあらゆる人に役立つ防災の仕組みを「創る」ことを宣言。

 「時に災害をもたらす自然の二面性を理解しながら、その脅威に臆することなく自然を愛し、共に生きていきます」と結んだ。

続きを読む

関連ニュース

OBPで初めての地域防災訓練 帰宅困難者を退避誘導 大阪市

「産経WEST」のランキング