産経WEST

岡山のガススタンドで発砲、63歳男逮捕 組関係者を狙う?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


岡山のガススタンドで発砲、63歳男逮捕 組関係者を狙う?

発砲事件が起きたと通報があったガソリンスタンドを調べる捜査員ら=25日夜、岡山県津山市 発砲事件が起きたと通報があったガソリンスタンドを調べる捜査員ら=25日夜、岡山県津山市

 25日午後4時10分ごろ、岡山県津山市昭和町のガソリンスタンドの男性従業員から「発砲事件が起きた」と110番があった。県警は銃刀法違反容疑で、スタンドで拳銃を所持していた山口県下関市竹崎町の作業員、飯尾章二容疑者(63)を現行犯逮捕した。住所と職業はいずれも自称。

 県警によると、発砲はスタンド内で、30代の男性に向けて1回あったとみられる。男性は肩の痛みを訴えているが、銃による傷ではなく軽傷という。男性が指定暴力団神戸山口組の関係者との情報があり、殺人未遂容疑でも捜査し、当時の状況や飯尾容疑者との関係を詳しく調べる。

 現場はJR津山駅から北西に約200メートルの国道沿いで、住宅などが立ち並ぶ地域。

 現場近くで学習塾を経営する女性(50)は「パトカーがガソリンスタンドを取り囲んでいたが、まさか発砲事件だとは思わなかった。子どもが20人以上いたので、すぐに戸締まりをした」と不安そうな表情で話した。

関連ニュース

和歌山発砲事件 拳銃自殺男を書類送検

「産経WEST」のランキング