産経WEST

【鹿間孝一のなにわ逍遙】「阪僑」がまかり通るお笑い界

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鹿間孝一のなにわ逍遙】
「阪僑」がまかり通るお笑い界

ジャーナリストで評論家の大宅壮一  ジャーナリストで評論家の大宅壮一 

 彼らこそ現代の「阪僑」ではないだろうか。

鹿間孝一 鹿間孝一 産経新聞特別記者兼論説委員(平成25年9月まで大阪特派員を兼務)。北海道生まれの大阪人。生涯一記者を自任していたが、なぜか社命によりサンケイリビング新聞社、日本工業新聞社で経営にタッチして、産経新聞に復帰した。記者歴30余年のうち大半が社会部遊軍。これといった専門分野はないが、その分、広く浅く、何にでも興味を持つ。とくに阪神タイガースとゴルフが好き。夕刊一面コラム「湊町365」(「産経ニュースWEST」では「浪速風」)を担当。共著に「新聞記者 司馬遼太郎」「20世紀かく語りき」「ブランドはなぜ墜ちたか」「なにが幼い命を奪ったのか 池田小児童殺傷事件」など。司馬遼太郎に憧れるも、いうまでもなく遼に及ばず。

このニュースの写真

  • 「阪僑」がまかり通るお笑い界
  • 「阪僑」がまかり通るお笑い界
  • 「阪僑」がまかり通るお笑い界
  • 「阪僑」がまかり通るお笑い界
  • 「阪僑」がまかり通るお笑い界
  • 「阪僑」がまかり通るお笑い界

関連ニュース

【鹿間孝一のなにわ逍遙】2万%ない、クソ教育委員会、シロアリ…どこかで見たトランプ現象

「産経WEST」のランキング