産経WEST

「停職6カ月は重すぎる」 コンビニ店員への〝わいせつな行為〟で加古川市職員処分、神戸地裁が取り消し判決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「停職6カ月は重すぎる」 コンビニ店員への〝わいせつな行為〟で加古川市職員処分、神戸地裁が取り消し判決

 兵庫県加古川市の男性職員が、コンビニの女性店員への迷惑行為を理由に停職6カ月の懲戒処分を受けたのは違法として、処分取り消しを求めた訴訟の判決が24日、神戸地裁であった。倉地康弘裁判長は「停職6カ月は重すぎる」として、市に取り消しを命じた。

 倉地裁判長は判決理由で、市は店側から訴えを受けた当初、男性職員への聴取すら行っていなかったにもかかわらず、一部新聞が報道してから一転して処分したと指摘。市民からの非難をやわらげるなど「本来考慮すべきでないことが処分の際に考慮されたのではないかという疑問がある」とした。

 その上で、停職6カ月は他の不祥事案と比べても重いと判断。処分は市の裁量権を逸脱して違法だと結論づけた。

 判決によると、男性職員は平成26年9月30日に同市内のコンビニで女性店員の手を握って自分の下半身を触らせたほか、22年ごろからほかの女性店員にも胸を触るなどの行為を繰り返していたとして、26年11月に停職6カ月の懲戒処分を受けた。

続きを読む

関連ニュース

安全な社会、優秀な警察官たちに感謝…『近畿の警察官』表彰、6人は「自覚と責任持ち精進」

「産経WEST」のランキング