産経WEST

【東住吉男児遺体遺棄】両親、児相の出頭要求拒否しホテル宿泊 男児は実家離れ急激に衰弱か…3月まで健康問題なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東住吉男児遺体遺棄】
両親、児相の出頭要求拒否しホテル宿泊 男児は実家離れ急激に衰弱か…3月まで健康問題なし

鈴木琉聖ちゃん(親族提供) 鈴木琉聖ちゃん(親族提供)

 琉聖ちゃんは昨年12月、同町で受けた10カ月健診で健康上の問題はなく、今年2月の水疱瘡(ぼうそう)の予防接種でも異常はなかった。一方、見つかった遺体は大胸筋の発達が遅れて腹部の脂肪も少なく、低栄養状態で衰弱死したとみられる。

 府警は24日、両容疑者が児童相談所の出頭要求を拒否した21日から宿泊していた大阪市内のホテルを家宅捜索した。府警は児相による自宅への立ち入り調査などを避ける狙いがあったとみている。

関連ニュース

【東住吉男児遺体遺棄】両親、発覚免れようと異臭対策か クーラーボックスに消臭剤入れる

「産経WEST」のランキング