産経WEST

【竹島を考える】“鹿を指して馬となす”韓国教授の思い込み主張を正す 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
“鹿を指して馬となす”韓国教授の思い込み主張を正す 下條正男・拓殖大教授

竹島など領土に関する記述が増えた教科書。韓国ではこれを「捏造・歪曲された論理が公教育に反映されている」と批判 竹島など領土に関する記述が増えた教科書。韓国ではこれを「捏造・歪曲された論理が公教育に反映されている」と批判

 韓国・大邱(テグ)大学の崔長根(チェ・ジャングン)教授は11月1日、『嶺南日報』(電子版)に「日本の独島(竹島)領土捏造(ねつぞう)」と題する一文を寄稿した。だが、何度かクリックしたが、閲覧できなかった。読むことができたのは、ネット上に公開されていた次の部分だけであった。

 「現在、日本の外務省の独島領有権の主張は、『竹島問題研究会』が捏造した論理をそのまま踏襲している。この研究会は、過去韓国で10余年間日本語を教えた講師で、独島に無知な下條正男が煽動(せんどう)…」

竹島研究会への的外れな批判

 ここで崔教授が言わんとしたことは想像がつく。崔教授は11月10日付の『大邱新聞』(電子版)にも、「日本で会った2人の日本人の独島に対する思考方式」と題したエッセーを載せており、次のように述べているからだ。

 「最近になり、普通の日本人たちもこのような認識を持ったのは、下條正男という人物の影響が少なくない。彼は教授という身分を掲げて島根県を動かし、2005年に『竹島の日』条例を制定するようにし、『竹島問題研究会』を作って『国家が領土を捨てた』として煽動した。極右的性向の安倍政権がこれに便乗し、彼が捏造して歪曲(わいきょく)した論理をそのまま公教育に反映させ、竹島教育を義務化するよう社会的雰囲気を助長した」

続きを読む

関連ニュース

【竹島を考える】「独島の日」巡る韓国報道の抱腹絶倒 自国に都合よく文献・地図解釈の愚 下條正男・拓殖大教授

「産経WEST」のランキング