産経WEST

元東大阪市職員を4回目の逮捕 総額1億円以上を遊興費にあてる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元東大阪市職員を4回目の逮捕 総額1億円以上を遊興費にあてる

 大阪府東大阪市の市立総合病院(現・地方独立行政法人市立東大阪医療センター)を巡る診療費の還付金詐欺事件で、府警捜査2課は24日、業務上横領の疑いで病院に勤務していた元市職員繁田敬治容疑者(58)=同市=を再逮捕した。逮捕は4回目。

 再逮捕容疑は昨年4~12月、診療費の還付業務の担当者に虚偽の請求書を提出し、37回にわたり還付金として保管していた現金計約3300万円を着服した疑い。

 東大阪市や捜査2課によると、同様の手口を繰り返すなどして総額1億円以上を不正に受け取り、遊興費に充てたとみられる。市は今月22日、繁田容疑者を懲戒免職とした。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】「洗濯物が干せんやろ!」トラブルの種はマンション専用庭で伸びすぎたキンモクセイ 住民苦情連発で法廷闘争に発展

「産経WEST」のランキング