産経WEST

メタボ予防にエゴマ油を!奈良で生産者増やす動き 農薬いらずで地方活性化の起爆剤に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


メタボ予防にエゴマ油を!奈良で生産者増やす動き 農薬いらずで地方活性化の起爆剤に

製造されたエゴマ油は鮮やかな黄色。認知症予防にも効果があるという=奈良市 製造されたエゴマ油は鮮やかな黄色。認知症予防にも効果があるという=奈良市

 熱を加えすぎると成分が変わってしまうため、加熱せずにオリーブオイルのようにサラダにかけたり、みそ汁やたまごかけご飯などにかけたりして食べるのがおすすめだ。

 東さんが製造したエゴマ油は現在、ネットでの販売が中心だが、9月末に東京で販売会を開いたところ、用意した約20本はあっという間に完売した。

 「今後は生産者と栽培面積を増やして、奈良市東部地域の振興につなげたい」と東さんはいい、さらに活動の輪を広げる考えだ。

 東さんのエゴマ油「奈良えごま油」は120グラム入り1本1800円(税込み)。問い合わせは同NPO法人((電)090・1131・0894)。

このニュースの写真

  • メタボ予防にエゴマ油を!奈良で生産者増やす動き 農薬いらずで地方活性化の起爆剤に

関連ニュース

【関西の議論】“51歳”ココナッツサブレに再注目、「小分け包装」で嘆き節…「お前、なんて姿に」「食べ切る背徳感、魅力だったのに」

「産経WEST」のランキング