産経WEST

【世界を読む】どうなる韓国の国民的行事「ペペロデー」…本家・日本「ポッキー&プリッツの日」が乗り込む日

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
どうなる韓国の国民的行事「ペペロデー」…本家・日本「ポッキー&プリッツの日」が乗り込む日

裁判にもなった韓国ロッテグループの「プレミア ペペロ」(左)と江崎グリコの「バトンドール」 裁判にもなった韓国ロッテグループの「プレミア ペペロ」(左)と江崎グリコの「バトンドール」

前哨戦はポッキー圧勝

 実はポッキーとペペロは昨年、韓国の法廷で“前哨戦”を繰り広げている。結果はグリコの完勝といっていい。

 ペペロの高級版「プレミアペペロ」の箱の形状が、ポッキーの高級版「バトンドール」と酷似しているとして、グリコがソウル中央地裁に提訴。地裁は「ロッテがデザイン権を侵害した」とグリコ勝訴の判決を下したからだ。

 中央日報(同)によると、同地裁は判決で「両製品ともチョコレートをコーティングしたスティック菓子のため製品形態もほとんど同じで、包装各面の配色やチョコレート菓子を配置した形などの構成も非常に似ている」と指摘した。韓国ロッテが“模倣行為”したとするグリコの主張を認めた格好だ。

 韓国ではペペロの圧倒的な知名度からグリコは苦戦を強いられているが、いずれ本家が「ポッキーデー」とともに販売キャンペーンを本格化したとき、韓国の国民的行事「ペペロデー」はどうなるのか。日本の業界関係者は「韓国市場の反応がどうなるかは予断を許さない」と指摘している。

このニュースの写真

  • どうなる韓国の国民的行事「ペペロデー」…本家・日本「ポッキー&プリッツの日」が乗り込む日

関連トピックス

関連ニュース

【経済裏読み】米国への留学試験で不正横行する韓国 朴槿恵政権を蝕んだ縁故主義社会から「永遠に離れたい」学生たち

「産経WEST」のランキング