産経WEST

【東住吉男児遺体遺棄】「逮捕されると思い…」車内のクーラーボックスに半年超放置か-容疑で24歳母親と内縁夫を逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東住吉男児遺体遺棄】
「逮捕されると思い…」車内のクーラーボックスに半年超放置か-容疑で24歳母親と内縁夫を逮捕 大阪府警

男児の遺体が見つかった車が止まっていたコインパーキング=23日午後、大阪市住吉区(村本聡撮影) 男児の遺体が見つかった車が止まっていたコインパーキング=23日午後、大阪市住吉区(村本聡撮影)

 車内のクーラーボックスに男児の遺体を隠したとして、大阪府警捜査1課は22日夜、死体遺棄容疑で、大阪市東住吉区住道(すんじ)矢田の無職、鈴木玲奈(24)と同居する内縁の夫で職業不詳、大島祐太(22)の両容疑者を現行犯逮捕した。府警は遺体が鈴木容疑者の長男、琉聖(りゅうせい)ちゃん(1)とみてDNA型鑑定などで身元の確認を進めている。

 同課によると、鈴木容疑者は「今年4月、長女(3)と長男を車の中に残して離れ、戻ってきたら長男が死んでいた。逮捕されると思い、その日のうちにクーラーボックスに入れて車に積んでいた」と供述。大島容疑者も「車内に子供を放置して殺してしまったことを言い出せなかった」と容疑を認めている。

 司法解剖の結果、遺体は腹部の脂肪が少なかったことなどから低栄養で衰弱死したとみられる。死亡時期は2カ月以上前で、4月に死亡したとの供述と矛盾はなかった。身長75センチで腐敗が進んでいたが、骨折したような痕はなかった。

 逮捕容疑は22日午後7時半から約4時間半、大阪市住吉区長居のコインパーキングに駐車中の乗用車内で、琉聖ちゃんとみられる男児の遺体をクーラーボックスに隠し、遺棄したとしている。

 同課によると、クーラーボックスは車のトランクに置かれていた。遺体は白い半袖シャツにハーフパンツ姿で紙おむつをはき、全身がタオルで巻かれていた。鈴木容疑者らは今年8月、和歌山県内から現在の自宅に住民票を移していた。

続きを読む

関連ニュース

【東住吉男児遺体遺棄】28回も家庭訪問した児相職員に24歳母「実家に預けた」「保育所に…」と再三ウソ

「産経WEST」のランキング