産経WEST

【宝塚歌劇団】「迷いはありませんでした」“添い遂げ退団”の雪組娘役トップ、咲妃みゆ会見

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
「迷いはありませんでした」“添い遂げ退団”の雪組娘役トップ、咲妃みゆ会見

退団会見に臨む宝塚歌劇雪組娘役トップ、咲妃みゆ 退団会見に臨む宝塚歌劇雪組娘役トップ、咲妃みゆ

 宝塚歌劇団の雪組トップ、早霧(さぎり)せいなとともに来年7月23日付で退団することを発表した同組娘役トップ、咲妃(さきひ)みゆが22日、兵庫県宝塚市の同劇団で会見した。トップと娘役トップが同日に会見するのは異例のこと。咲妃は「おこがましい気持ちもありますが、(早霧と)片時も離れたくないと思ってやってきたので。神様が最後にこういった形で皆さまに伝える機会をプレゼントをしてくださった」と目を潤ませた。

 2カ月前に購入した真っ白なレースのワンピースの胸元には、“雪の結晶”をかたどった銀色の飾りボタン。「最初からついていたので、『巡り合った!』と思い、この日に着ようと待っていました」と笑顔で自ら切り出した。

 早霧から退団の意を聞かされたとき、すぐ“添い遂げ退団”を申し出た。「相手役に就任したその日から、必ず一緒に卒業すると。それしか考えていなかったので。とうとう告げてくださる日が来たのだと、心に迷いはありませんでした」と振り返る。

 2人のトップコンビが内定した直後、早霧と2人きりで話す機会を得た。早霧から「どんなことがあっても一緒に同じ方向に向かって歩いていこう」と言われ、「その言葉は常に胸にありました」という。

続きを読む

「産経WEST」のランキング