産経WEST

パンチで乗り込めピコ太郎! 朴大統領問題で大混乱の韓国へ 「アジアで最も頭角を見せた人物」と評価

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パンチで乗り込めピコ太郎! 朴大統領問題で大混乱の韓国へ 「アジアで最も頭角を見せた人物」と評価

ピコ太郎(右下)が招かれた韓国のイベント(WebTVAsiaのfacebookから) ピコ太郎(右下)が招かれた韓国のイベント(WebTVAsiaのfacebookから)

 米CNNテレビなど大手海外メディアが、「中毒性のある動画」などと相次いで取り上げたほか、米ウエブメディアも「全く理解できない。だからこそ楽しくて魅惑的」と指摘し、世界的現象となった。

 英BBC放送(電子版)は、アニマル柄の服をまとったDJの「Piko-Taro(ピコ太郎)」と「斬新な」ファッションも紹介。「頭から離れない音」の背景を説明している。

  「PPAP」は米ヒットチャートの「ビルボード」で77位入りを果すだけでなく、チャートに入った「1曲の長さが最短」の楽曲(45秒)としてギネス世界記録に認定されるというサプライズも引き寄せた。

関連ニュース

【今週の注目記事】米国への留学試験で不正横行する韓国 朴槿恵政権を蝕んだ縁故主義社会から「永遠に離れたい」学生たち

「産経WEST」のランキング