産経WEST

【軍事ワールド】英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも

英空軍のタイフーン戦闘機。限定的ながら、レーダーに映らないステルス性を持っている。スエーデンのサーブ・グリペンやフランスのラファール、ミラージュなどとともに欧州の空を守る代表的な戦闘機だ(英空軍ツイッターより) 英空軍のタイフーン戦闘機。限定的ながら、レーダーに映らないステルス性を持っている。スエーデンのサーブ・グリペンやフランスのラファール、ミラージュなどとともに欧州の空を守る代表的な戦闘機だ(英空軍ツイッターより)

 英国空軍(RAF)の最新戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」が10月17日から11月6日にかけて航空自衛隊との共同訓練のため来日。空自のF-15イーグル戦闘機やF-2戦闘機と異機種空中戦訓練(DACT)などを行った。英空軍の戦闘機が共同訓練で日本の空を飛ぶのは初めて。空自の戦闘機が二国間の共同訓練を行うのは、米国に次いで2カ国目で、中国の海洋進出や北朝鮮の核開発などでアジアの緊張が高まる中、英国のプレゼンス(存在感)を示した。(岡田敏彦)

輝ける「2」

 英国からやってきたのは英国空軍第2スコードロン(sqn)のタイフーン4機とボイジャー空中給油輸送機、C-17輸送機と人員約200人。演習先のマレーシアを出発し、10月22日に航空自衛隊三沢基地に着陸した。

 主役の第2sqnは1912年創立という英国空軍の伝統を背負う部隊。多くの英空軍sqnがラテン語のモットーを持つなか、第2sqnは陸軍とのコーポレーションを示す「AC」をモットーとしている。ニックネームは「シャイニー2」(輝ける2)だ。

 最新のタイフーン戦闘機が配備されたのは2015年。1912年のブリストル・ボックスカイトに始まり、第二次大戦中はトマホークやマスタング、スピットファイアを装備。戦後はファントムFGR2やジャギュア、トーネードと配備機は多岐にわたる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも
  • 英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも
  • 英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも
  • 英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも
  • 英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも
  • 英空軍がやってきた 最新戦闘機「タイフーン」、日米欧機の“本気”バトルも

「産経WEST」のランキング