産経WEST

【ビジネスの裏側】“健康マンション”「かかりつけ医」は国立循環器病センター…住まいのトレンドはヘルシー 大阪・摂津に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
“健康マンション”「かかりつけ医」は国立循環器病センター…住まいのトレンドはヘルシー 大阪・摂津に

マンション入居者は、リストバンドで測定されたデータなどから自宅で健康に関する助言を受けることができる マンション入居者は、リストバンドで測定されたデータなどから自宅で健康に関する助言を受けることができる

成長する都市

 こうした中でも今回の「ローレルスクエア 健都ザ・レジデンス」は最先端の取り組みが盛り込まれている上に、さらなるサービスの充実が見込まれる。

 健都は、摂津、吹田両市にまたがる約50ヘクタール。国循を核に、吹田市民病院、クリニックや自然食レストランが入居する商業ビル、高齢者向け住宅などの整備も計画されているからだ。

 バイオや医薬関連の企業や研究所が集積する「神戸医療産業都市(神戸市中央区)」や「国際文化公園都市(彩都、大阪府茨木市、箕面市)」と違い、健都は「人が住み、生活に密着した健康都市であること」(吹田市北大阪健康医療都市推進室担当者)が最大の特徴だ。

 少子高齢化が進む中、健康管理に関する施設やサービスの充実度も住宅選びの重要なポイントになるかもしれない。

このニュースの写真

  • “健康マンション”「かかりつけ医」は国立循環器病センター…住まいのトレンドはヘルシー 大阪・摂津に
  • “健康マンション”「かかりつけ医」は国立循環器病センター…住まいのトレンドはヘルシー 大阪・摂津に

関連ニュース

【ビジネスの裏側】高額マンション曲がり角…資産家需要は一巡、税制も厳しく

「産経WEST」のランキング