産経WEST

【坂口至徳の科学の現場を歩く】遺伝子を直接挿入…ゲノム編集の新技術 理研など国際共同研班

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【坂口至徳の科学の現場を歩く】
遺伝子を直接挿入…ゲノム編集の新技術 理研など国際共同研班

開発されたゲノム編集の技術を使って遺伝子を改変した成体マウスの脳の一部の染色写真。明るい緑色に光る細胞が、ゲノム編集に成功した神経細胞を示している(理化学研究所提供) 開発されたゲノム編集の技術を使って遺伝子を改変した成体マウスの脳の一部の染色写真。明るい緑色に光る細胞が、ゲノム編集に成功した神経細胞を示している(理化学研究所提供)

この技術を使うと、まずヒトの分裂する培養細胞では、遺伝子の挿入効率が約10倍高くなった。次いで、マウスの生体の脳、筋肉、心臓などの組織、器官で、狙った通りに遺伝子が挿入できた。さらに、この技術を応用して網膜の視細胞が変性する「網膜色素変性症」を起こすラットの視覚障害を一部回復することにも成功した。

 医療に応用する可能性が示されたわけで、研究グループは「モデル動物の脳神経を直接、遺伝子改変することで思考力など脳機能の解明や脳が関与する疾患の解明に結び付けたい」とする。さらに、将来的には、ヒトの難治性遺伝病についても、遺伝子を直接修復する医療への応用が期待できる、という。

▼ そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む

坂口至徳 坂口至徳 昭和50年、産経新聞社入社。社会部記者、文化部次長などを経て編集局編集委員兼論説委員、客員論説委員。この間、科学記者として医学医療を中心に科学一般を取材。

関連ニュース

【坂口至徳の科学の現場を歩く】画期的モバイル電源に…水素を廃棄物から生成する触媒技術、阪大が世界初提案

「産経WEST」のランキング