産経WEST

また中国企業、「紀州」「WAKAYAMA」…今度は「和歌山」で商標出願 県が異議「断固たる姿勢」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


また中国企業、「紀州」「WAKAYAMA」…今度は「和歌山」で商標出願 県が異議「断固たる姿勢」

中国商標局に異議を申し立てた和歌山県庁 中国商標局に異議を申し立てた和歌山県庁

 県は平成22年から中国などの商標出願を監視。これまでに和歌山、紀州の計6件で異議申し立てが認められている。

 県産業技術政策課の担当者は「和歌山のブランドを守っていくため、悪質な商標登録に対しては断固たる姿勢で臨んでいく。今後もしっかりと監視を続けていきたい」と話している。

関連ニュース

【経済裏読み】中国政府「韓国行く国民を20%減らせ!」“爆買い”も一日1回だけ…韓国は急増の若者取り込みたいのに

「産経WEST」のランキング