産経WEST

また中国企業、「紀州」「WAKAYAMA」…今度は「和歌山」で商標出願 県が異議「断固たる姿勢」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


また中国企業、「紀州」「WAKAYAMA」…今度は「和歌山」で商標出願 県が異議「断固たる姿勢」

中国商標局に異議を申し立てた和歌山県庁 中国商標局に異議を申し立てた和歌山県庁

 和歌山県は、中国・山東省の食品会社が出願した「和歌山」の文字を含む商標について、周知の地名で商標に適していないとして中国商標局に異議を申し立てたことを明らかにした。近年、中国企業が「紀州」や「WAKAYAMA」といった名称を含む商標を出願するケースが相次いでおり、異議申し立ては今年度は今回で3件目。県は「中国での商標監視を継続し、県が誇るブランド名をしっかりと守っていきたい」としている。

 県によると、この会社は昨年9月30日に缶詰やビールに使用する目的の商標を計2件出願しており、今年8月13日に公告。県は10月に事態を把握し、今月14日付で異議を申し立てた。中国の商標法ではすでに周知されている外国地名の商標登録は認められていないという。

続きを読む

関連ニュース

【経済裏読み】中国政府「韓国行く国民を20%減らせ!」“爆買い”も一日1回だけ…韓国は急増の若者取り込みたいのに

「産経WEST」のランキング