産経WEST

【長崎のトンネル工事事故】県警が実況見分…ガソリン式発電機でCO中毒?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【長崎のトンネル工事事故】
県警が実況見分…ガソリン式発電機でCO中毒?

作業員が倒れ死亡する事故があった導水トンネルの立ち入り調査に向かう長崎労働基準監督署の職員ら=19日午後、長崎市三京町 作業員が倒れ死亡する事故があった導水トンネルの立ち入り調査に向かう長崎労働基準監督署の職員ら=19日午後、長崎市三京町

 長崎市三京町の導水トンネル内で補修工事をしていた作業員4人が酸欠のような状態になり、うち1人が死亡した事故で、長崎県警は20日、現場を実況見分する。坑内でガソリン式発電機を使い続けて生じた一酸化炭素(CO)により中毒となった可能性があるとみて、業務上過失致死傷容疑も視野に安全管理の状況を調べる。

 県警は同日、死亡した荒堀正幸さん(36)=東京都大田区=の司法解剖を実施。工事を発注した長崎市も現地を調査。原因究明のため、工事関係者らから事情を聴く。

 事故は19日昼に発生。県警や市によると、トンネル内への浸水を防ぐため、入り口から約150~180メートル区間で内壁を補修していた、土木工事会社「佐藤防水工業」(東京)の4人が病院に搬送された。荒堀さん以外の40~50代の3人は軽症。救助に駆け付けた消防隊員が坑内の大気状況を調べると、COが充満していた。

「産経WEST」のランキング