産経WEST

【昭和クルマ列伝】ホンダS500のエンジンは「精密時計」 本田宗一郎の怒りが原動力

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【昭和クルマ列伝】
ホンダS500のエンジンは「精密時計」 本田宗一郎の怒りが原動力

ホンダS500 ホンダS500

 発表後、ホンダはすぐに販売の準備に奔走する。S500は翌38年10月、スポーツカーとしては異例に安い45万9000円で発売された。

 S500は輸出もにらんでいたが、海外で勝負するにはパワーが足りない。そこでエンジン排気量を大きくした改良版を相次ぎ投入。最も多く生産されたS800は欧州で人気を博す。

 ホンダに四輪車を駆け込み生産させた法案は38年の通常国会であえなく廃案となる。もし、成立していたら競争力を失った日本は世界屈指の自動車大国になっていただろうか。

 勢いに乗るホンダは39年、四輪レース最高峰のF1に進出、参戦2年目で優勝を果たす。宗一郎氏の強烈な個性のもと、ホンダは高い技術力と新しい発想力を武器に異色の存在となった。昨年発売された軽オープンスポーツ「S660」には半世紀を超えてホンダのDNAが受け継がれている。(中村正純)

■ホンダ「S500」

全長3300×全幅1430×全高1200ミリ

直列4気筒DOHC 531cc 44馬力

重量725キロ 最高速130キロ 

関連ニュース

【今週の注目記事】「独島の日」巡る韓国報道の抱腹絶倒 自国に都合よく文献・地図解釈の愚 下條正男・拓殖大教授

「産経WEST」のランキング