産経WEST

ななつ星を貸し切り、挙式へGO! 1泊2日全て込み込み1280万円也

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ななつ星を貸し切り、挙式へGO! 1泊2日全て込み込み1280万円也

貸し切りにした「ななつ星in九州」の出発の鐘を鳴らす新郎新婦の対馬剛さん、佐藤聖子さん=19日午前、JR博多駅 貸し切りにした「ななつ星in九州」の出発の鐘を鳴らす新郎新婦の対馬剛さん、佐藤聖子さん=19日午前、JR博多駅

 JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を貸し切りにした初めてのウエディング列車が19日、博多駅(福岡市)を出発した。1泊2日で長崎、佐賀、大分の各県を回り、価格は列車での宿泊、食事のほか挙式費用も全て含まれ1280万円。JR九州は、特別な挙式に利用してもらうことで、ななつ星のさらなるブランド力向上につなげたい考えだ。

 ななつ星には、ともに東京都在住で30代の対馬剛さんと佐藤聖子さんの新郎新婦と親族の計16人が乗車し、長崎のグラバー園や、大分の由布院温泉など観光地を巡る。挙式は19日夜に佐賀県の有田焼を代表する名窯「柿右衛門窯」の庭園で執り行う予定という。

 列車好きという剛さんは「記念すべき結婚の時に、こだわりを感じる車両に乗れる」、聖子さんも「ずっと乗りたかった。運命を感じる」と、ともに笑顔で話した。ホームには2人を祝福する横断幕が掲げられ、出発の際はJRの職員や利用客が旗を振って見送った。 

 JR九州と三越伊勢丹ホールディングス傘下の旅行代理店が企画。乗車するカップルらは2~3月に募集し、複数の応募者の中から抽選で決まった。

 JR九州の広報担当者は「今後もななつ星を活用した新しい旅の形を提案し、利用客がさまざまな体験ができるよう工夫したい」と話している。

 ななつ星は平成25年に運行を開始。豪華列車で九州各地を回りながら、産地の食材を生かした高級料理も楽しめることで人気を集め、運行するたびに募集定員を大きく上回る予約の申し込みが入る。

このニュースの写真

  • ななつ星を貸し切り、挙式へGO! 1泊2日全て込み込み1280万円也
  • ななつ星を貸し切り、挙式へGO! 1泊2日全て込み込み1280万円也
  • ななつ星を貸し切り、挙式へGO! 1泊2日全て込み込み1280万円也
  • ななつ星を貸し切り、挙式へGO! 1泊2日全て込み込み1280万円也

関連ニュース

九州周遊の豪華寝台列車「ななつ星」来年3月、5~10万円値上げ 茶道など日本文化体験を組み込み JR九州

「産経WEST」のランキング