産経WEST

ラグビーW杯、花園で日本戦見られない? 収容人数基準満たさず、大阪府は“特例”開催働きかけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ラグビーW杯、花園で日本戦見られない? 収容人数基準満たさず、大阪府は“特例”開催働きかけ

 2019(平成31)年に日本で開かれるラグビーワールドカップ(W杯)で東大阪市花園ラグビー場(大阪府)など関西2会場で日本戦や強豪同士の試合が行われない可能性が浮上している。収容人数が基準に満たないためだという。日本戦がたびたび行われてきた建て替え中の国立競技場、秩父宮ラグビー場(いずれも東京)はW杯会場ではなく、このままでは、国内ラグビーの聖地で日本戦が実施されないことになり、関係者は苦慮している。

  4万人以上目安

 W杯は、国内の12都市が舞台となり、関西では花園ラグビー場と神戸市御崎公園球技場(神戸市兵庫区)の2会場が選出。来年5月の組み合わせ抽選後に、W杯を運営するラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)がどの試合をどこで行うかを決定する。

 RWCLはこれまでに組織委に対し「総合的に会場を決める」などと説明しているが、組織委によると、対戦カードの割り振りには、会場の収容人数に関する目安があるという。それによると、収容人数が4万人以上の会場では、ニュージーランド(NZ)などの強豪国同士の試合と開催国の日本戦の開催が可能。4万人未満の会場は、2万人以上が強豪と格が下のチームの対戦、1万5千人以上では格下同士と区分けされている。

続きを読む

関連ニュース

故平尾氏に勝利捧げられず…高校ラグビー 伏見工・京都工学院高が花園逃す

「産経WEST」のランキング