産経WEST

【おやじが行く】「聖の青春」が詰まった店 将棋ファンの“聖地”更科

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【おやじが行く】
「聖の青春」が詰まった店 将棋ファンの“聖地”更科

「おやじが行く」更科 「おやじが行く」更科

 そんな村山九段の面影を求め、今でも多くの将棋ファンが店を訪れる。将来の棋士を目指す子供とその親、映画の原作となったノンフィクション「聖の青春」(大崎善生さん著)を読んで感動したという中年女性も。「みなさん、村山さんがよく食べていたものを注文し、どんな人でした? と聞いてこられますね」と紀美子さん。

 村山九段が最後に食べたという「ニラもや定食」を注文した。豚肉とニラ、もやしの炒めものとマグロの刺し身、みそ汁、漬物にご飯がついて770円。関西らしい甘辛味のニラもやは濃すぎず、体にやさしい味。みそ汁は「おふくろの味」というのがぴったりだ。

 「常連さんからは、ホッとする味や、とよく言われます」と政男さん。難病を患いながら少年時代から親元を離れて生活していた村山九段、そして健康が気になる中年おやじたちがこの店を好む気持ちがわかったような気がする。

 文・古野英明

 イラスト・清水浩二

 大阪市福島区福島6の1の26。(電)06・6458・2213。サバ塩焼(700円)、サンマ定食(720円)、カツとじ定食、親子丼など各種丼セットはいずれも770円。ジャンボだし巻き定食720円。平日は午前10時~午後9時(午後3~4時は休憩時間)、土曜は午前10時~午後3時。日曜・祝日定休。

関連ニュース

【おやじが行く】釜炊きの銀シャリ、飯好きのための店 大阪・西天満の「ウオマチ」

「産経WEST」のランキング