産経WEST

【堺男児不明】大阪府警、虐待児対応で児相と連携へ 親元に帰す際の事前連絡を申し入れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺男児不明】
大阪府警、虐待児対応で児相と連携へ 親元に帰す際の事前連絡を申し入れ

 大阪府千早赤阪村の山中で、堺市北区の梶本樹李ちゃんとみられる男児の遺体が見つかった事件を受け、大阪府警が、児童相談所が虐待などで保護した子どもを親元に帰す際、事前に連絡するよう児相に申し入れる方針を固めたことが18日、府警への取材で分かった。

 府警によると、樹李ちゃんは平成25年12月、乳児院から両親に引き取られたが、児相から連絡がなく、府警は把握していなかった。こうした経緯を踏まえ、府警は「児相との情報共有を強化し、子どもの被害を未然に防ぎたい」としている。

 府警は樹李ちゃんへの傷害致死容疑などで再逮捕した父親卓容疑者(35)、母親千穂容疑者(32)を24年4月に生活保護費の詐取容疑で逮捕。その後、おいの遺体を埋めたとする死体遺棄容疑で書類送付したが、不起訴処分となった。

 この間、樹李ちゃんは府富田林子ども家庭センター(児相)に保護され、乳児院に入ったが、両容疑者の希望を受け、25年12月に引き取られた。

関連ニュース

【堺男児不明】「何度か顔を殴った」父親が供述、発見遺体との服装も一致

「産経WEST」のランキング