産経WEST

【ビジネスの裏側】アウトドアだけじゃない…進化するリュックサック 子育てママ、ビジネスにも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
アウトドアだけじゃない…進化するリュックサック 子育てママ、ビジネスにも

たくさんの種類が並ぶ「anello」ブランドで人気のキャロットカンパニーのショールーム=大阪市中央区(南雲都撮影) たくさんの種類が並ぶ「anello」ブランドで人気のキャロットカンパニーのショールーム=大阪市中央区(南雲都撮影)

 街中をおしゃれなリュックサックを背負って歩く人が増えている。アウトドアのイメージが強かったリュックサックだが、デザインやサイズ、素材などのバリエーションが豊富になり、ファッションに取り入れやすくなったことが背景にある。使いやすさも受け、赤ちゃん連れのお母さんからスーツ姿のビジネスマンまで幅広い世代から人気を集めている。(阿部佐知子)

母親らに評判

 「今年春ごろから、リュックサックの売れ行きが急激に伸びてきた」

 こう話すのは、「anello(アネロ)」ブランドでカバンを展開するキャロットカンパニー(大阪市中央区)の広報担当者だ。

 同社がアネロブランドを立ち上げたのは平成17年。26年11月に、上部ががま口の財布のように大きく開く「口金型」のリュックサックを発売したところ、口コミで評判が広まった。

 人気の理由は「使いやすさ」。A4の書類が入る大きめのサイズで、上部の取り出し口には口金が取り付けられ、ファスナーを開けると大きく開く。出し入れがしやすく、中に何が入っているかが一目で確認できることもあり、特に荷物が多くなりがちな子育て中の母親らに評判を呼んだ。

 種類が多いのも特徴だ。素材は軽量で扱いやすいポリエステルキャンバス生地のほか、キャンバス、ナイロン、レザー、デニムなど幅広い。色もフォーマルにも使える紺や黒の単色のものからカラフルな柄まで、それぞれの素材につき10種類程度を取りそろえる。

 価格は4千円前後と手軽なうえ、カジュアル、フォーマルさまざまな用途に選べるバリエーションの豊富さから、若い世代から年配の人まで、幅広くファンを集めている。口金タイプの売上総数は、今年の8月までに発売から1年9カ月で200万個を超えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • アウトドアだけじゃない…進化するリュックサック 子育てママ、ビジネスにも

「産経WEST」のランキング