産経WEST

【World面白】トランプ氏“パキスタン生まれ”米大統領に就任できぬ!? 現地メディア大騒ぎ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【World面白】
トランプ氏“パキスタン生まれ”米大統領に就任できぬ!? 現地メディア大騒ぎ

パキスタン時代の幼少期のドナルド・トランプ氏の写真と称し、当地の「ネオ・ニュース」が報じた写真=11月13日付の米ニュースサイト、ジハード・ウォッチ パキスタン時代の幼少期のドナルド・トランプ氏の写真と称し、当地の「ネオ・ニュース」が報じた写真=11月13日付の米ニュースサイト、ジハード・ウォッチ

 さきの米大統領選で、まさかの当選を果たした不動産王のドナルド・トランプ氏。当選が決まった11月9日以降、彼に関するニュースが世界中にあふれる中、にわかには信じがたいニュースが報じられた。何とトランプ氏は米国生まれの米国人ではなく、パキスタンで生まれ、米国人夫婦の養子として米国にやってきたというのだ…。

しかもイスラム教徒!? かつて、オバマ大統領も“ケニア生まれ”説あったが…

 11月14日付の英紙デーリー・メール(電子版)などによると、パキスタンのウルドゥー語テレビニュースチャンネル「ネオ・ニュース」が米大統領選の行われる前の10月に伝えた話が英訳され、彼の当選後からじわじわ広まっているらしい。

 「ネオ・ニュース」の報道によるとトランプ氏は、現在、イスラム原理主義組織タリバンが実行支配するパキスタン北西部のワジリスタンで1946年に生まれたという。

 本当の名前はダウード・イブラヒム・カーンで、パキスタン人の両親が交通事故で亡くなったため、55年、英印軍の大尉がロンドンに連れて帰り、後にニューヨークに住むトランプ夫妻に養子として迎え入れられたという。

「信じられないかもしれないが」と前置きし報道…パキスタン伝統服の少年は

関連ニュース

(動画あり)【World面白ニュース】生後9カ月で毛がボーボー! 世界が驚き、和んだ英の赤ちゃん

「産経WEST」のランキング