産経WEST

【山口トンネル異変】CO充満、搬送9人のうち7人重症…消防が濃度調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【山口トンネル異変】
CO充満、搬送9人のうち7人重症…消防が濃度調査

 山口県下松市と周南市にまたがる工業用水トンネル内で補修工事中の作業員9人が一酸化炭素(CO)中毒の疑いで搬送された事故で、県は17日までに、9人とも命に別条はないが、うち7人は長期入院が必要な重症だったと明らかにした。

 下松市消防本部は17日、検知器を使いトンネル入り口付近のCO濃度などを調査した。安全が確認でき次第、午後にも県警が現場検証する。

 県などによると、事故は16日午前11時半ごろ発生。底部分を削る作業中だったトンネル内に何らかの原因でCOが充満したとみられる。作業員9人は搬送時、いずれも意識があったという。

「産経WEST」のランキング