産経WEST

のどかな集落に白壁「1万本大麻工場」…黒塗り高級車で暴力団出入り「目があってもあいさつもしなかった」 和歌山・かつらぎ町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


のどかな集落に白壁「1万本大麻工場」…黒塗り高級車で暴力団出入り「目があってもあいさつもしなかった」 和歌山・かつらぎ町

柿畑に囲まれた工場。もとは織物工場だったが…=和歌山県かつらぎ町 柿畑に囲まれた工場。もとは織物工場だったが…=和歌山県かつらぎ町

 1万本超もの大量の大麻草が栽培されていた工場が見つかったのは、柿畑に囲まれたのどかな集落の一角だった。販売目的で大麻草を栽培したとして奈良県警が16日、大麻取締法違反の疑いで、指定暴力団東組幹部の男(54)ら4人を逮捕した事件で、工場がある和歌山県かつらぎ町の住民からは驚きの声が広がった。「暴力団が出入りしていたなんて怖い」。衝撃に揺れた現場周辺を歩いた。

 同県北東部に位置し、世界遺産・高野山からもほど近いかつらぎ町は柿のほか、みかんや梨、桃などといったフルーツの一大産地として名高い。同町内を通る京奈和自動車道の紀北かつらぎインターチェンジを降り、車を約10分走らせると、現場の工場がある集落が見えてきた。

 小高い丘陵地にある集落は柿やかんきつ類の畑に囲まれ、民家や農家の倉庫などが軒を連ねる。その中で、ひときわ大きな鉄骨2階建ての建物が摘発された工場だ。

もともとは織物工場 昼間から工場内に照明灯すなど不審な兆候

「産経WEST」のランキング