産経WEST

【堺・男児不明】卓容疑者、遺棄現場2度の「嘘」で捜査翻弄

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺・男児不明】
卓容疑者、遺棄現場2度の「嘘」で捜査翻弄

梶本卓容疑者(左)と千穂容疑者 梶本卓容疑者(左)と千穂容疑者

 15日の捜索では、前日に掘り起こした川沿いを、さらに30センチほど範囲を広げて掘り進めたところで、トレーナーなどに包まれた遺体が見つかった。何もかもが泥まみれの状態だった。

 10月中旬に詐欺容疑で逮捕された当初、卓容疑者は「(樹李ちゃんの遺体を)海に捨てた」と説明。その後、「今まで嘘をついていた」と、奈良県御所(ごせ)市の崖から遺棄したと話し始めたという。

 府警は今月4日から4日間、崖を捜索したものの遺体は見つからず、捜索を中断。再度、卓容疑者が「嘘をついて、すみませんでした」と明かしたのが、遺体が見つかった千早赤阪村の川辺だった。

 4年前に同府富田林市で卓容疑者と母親の無職、千穂容疑者(32)=保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕=のおいが所在不明となったことが発覚した事件では、府警が両容疑者らの供述に基づき捜索を続けたが、ついに遺体は見つからなかった。

 今回見つかった遺体が樹李ちゃんであれば「真相解明に不可欠な物証」(捜査関係者)なのは間違いなく、4年前とは大きく違う展開を迎えることとなる。

関連ニュース

【堺・男児不明】「うそをついていた」変遷の末、卓容疑者の供述通りに遺体発見 大阪府警

「産経WEST」のランキング