産経WEST

【堺・男児不明】「うそをついていた」変遷の末、卓容疑者の供述通りに遺体発見 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺・男児不明】
「うそをついていた」変遷の末、卓容疑者の供述通りに遺体発見 大阪府警

梶本卓容疑者 梶本卓容疑者

 行方不明の梶本樹李ちゃんの可能性がある遺体が15日、父親、卓容疑者(35)の供述に基づき、大阪府千早赤阪村の山中で見つかった。「うそをついていた」。供述の変遷を繰り返した末、新たに遺棄場所を明かし、捜査は動き始めた。府警は遺体やくるまれた布を詳しく調べ、供述の裏付けを目指す。

 「遺体は海に捨てた」。児童手当の詐取容疑で10月に逮捕された当初、こう説明していた卓容疑者。一時は「どこにいるか今は言えない」と口ごもった。

 その後、「うそをついていた。大阪と奈良の境の峠に、道路脇から投げ捨てた」と供述を一変させた。府警捜査1課は卓容疑者を立ち会わせて場所を確認後、奈良県御所市の山中を4日間捜索した。現場の道路脇の急斜面には不法投棄ごみが集中し、レンジャー隊員も投入したが、遺体は見つからなかった。

 供述が再び変化したのは、8日の傷害致死容疑での再逮捕時。「妻をかばっていた。正直に話すことにしました」。それまで「階段から落ちて死んだ」などと、あいまいな説明に終始していた死亡の経緯を「私の暴力が原因」と認めた。

続きを読む

関連ニュース

【衝撃事件の核心】「溺れる顔見て楽しみたい」〝悪ノリ〟逸脱少年グループの所業 釣り人連続突き落とし、スマホで動画撮影

「産経WEST」のランキング