産経WEST

潜伏先提供依頼の疑い、逃亡の山口組直系会長を再逮捕 神戸山口組系襲撃で大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


潜伏先提供依頼の疑い、逃亡の山口組直系会長を再逮捕 神戸山口組系襲撃で大阪府警

 指定暴力団山口組の直系組長らが同神戸山口組系組員を襲撃した事件で、大阪府警捜査4課は14日、潜伏先の提供を依頼したとして、犯人蔵匿教唆容疑で、山口組直系「秋良連合会」会長、金東力被告(60)=韓国籍、凶器準備結集罪などで起訴=を再逮捕。犯人蔵匿容疑で、知人の大阪市生野区林寺、無職の韓国籍、金幸植容疑者(68)を逮捕したと発表した。

 府警によると、東力容疑者は「住むところに困っているとは言ったが、逃げるのが大変とは言ってない」と容疑を否認。幸植容疑者は認めている。

 東力容疑者の逮捕容疑は、逃亡中だと打ち明けて幸植容疑者に潜伏先の提供を依頼。7月上旬~9月下旬、大阪府東大阪市内のマンションの一室に宿泊したとしている。

 府警は5月以降、襲撃事件に関与したとして同連合会側の組員ら28人を逮捕したが、トップの東力容疑者は4カ月以上にわたり逃亡。9月に生野区内で発見、組事務所前に配下組員らを襲撃目的で結集させたとして凶器準備結集容疑で逮捕していた。

「産経WEST」のランキング