産経WEST

軍事用の巨大土塁か…秀吉築造の「御土居」京都で出土 長さ44メートル、高さ9メートル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


軍事用の巨大土塁か…秀吉築造の「御土居」京都で出土 長さ44メートル、高さ9メートル

出土した御土居の堀(右)と犬走りの跡。急斜面がつくられ、軍事的性格が強いという=10日午後、京都市北区 出土した御土居の堀(右)と犬走りの跡。急斜面がつくられ、軍事的性格が強いという=10日午後、京都市北区

 京都市北区の市営住宅建設予定地から、16世紀末に豊臣秀吉が京の周囲を囲むように築いた「御土居(おどい)」の堀跡が出土し、10日に市埋蔵文化財研究所が発表した。深さ4・5メートル、堀った土で急勾配の土塁を築いており、全体の高さは約9メートルにも及ぶ巨大なものだった。

 御土居の目的は、朝鮮出兵で手薄になった京の防御壁▽川の氾濫から守る防災壁▽洛中の範囲の確定-など諸説があるが、同研究所は「今回出土した御土居は、ほかの場所より手間をかけ、防御性をより高めた構造になっている」とし、軍事的意味合いが大きかったとみている。

 今回は深さ4・5メートル、推定幅18メートルの堀が南北44メートルにわたり出土した。堀の上には、土を高さ1・2メートルに盛って帯状の平地「犬走り」(幅約2・6メートル)が設けられ、さらに高さ約3・5メートルと推定される土塁の一部も出土した。堀の底からの高さは計9メートル以上にもなる。

 今回の調査地の御土居について、同研究所は当初、約80メートル西の紙屋川を堀に流用し、川に沿うように土塁が築かれたと想定していた。だが、地面に急峻(きゅうしゅん)な堀を作り、堀から出た土を利用して傾斜角45度の土塁を築いたことが確認された。

続きを読む

「産経WEST」のランキング