産経WEST

失態…関空で指名手配犯がすり抜け出国 職員ミスか、情報検知も身柄確保できず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


失態…関空で指名手配犯がすり抜け出国 職員ミスか、情報検知も身柄確保できず

 関西国際空港で9月下旬、警察が指名手配していた外国人の男が、審査をすり抜けて海外へ出国したことが10日、大阪入国管理局への取材で分かった。出国審査でパソコン画面に警告が表示されていたにも関わらず、職員による人為的ミスで出国させてしまった可能性が高いという。

 同局関西空港支局によると、通常、指名手配された容疑者の情報は、出国審査ブースで旅券を機械で読み取るなどした際に、自動的に検知される仕組み。検知された場合は別室に身柄を移し、警察に通報するようになっている。

 しかし今回は、自動検知された後、別室で対応した職員が確認方法を誤り、出国させた可能性があるという。ミスの具体的な内容について同局は「調査中で答えられない。故意に見逃したり、強引に立ち去ったりということではない」としている。

 内部調査で発覚したという。同支局では今月2日から、別室での確認作業をこれまでの1人から、2人でするよう変更した。同支局の丸岡敬審査監理官は「起きてしまったことは誠に遺憾。チェック体制を強化し再発防止に努める」としている。

「産経WEST」のランキング