産経WEST

【衝撃事件の核心】おなじみ「かに道楽」商標権バトル勃発 「道頓堀のシンボル」の〝敵〟は愛知のかまぼこ…どっちに軍配?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
おなじみ「かに道楽」商標権バトル勃発 「道頓堀のシンボル」の〝敵〟は愛知のかまぼこ…どっちに軍配?

「かに道楽」の商標権をめぐって法廷バトルが勃発した。大阪・道頓堀のシンボルである巨大なカニ看板で知られるカニ料理専門店「かに道楽」が、同じ名称のかまぼこを販売している愛知県の老舗練り物会社を提訴した 「かに道楽」の商標権をめぐって法廷バトルが勃発した。大阪・道頓堀のシンボルである巨大なカニ看板で知られるカニ料理専門店「かに道楽」が、同じ名称のかまぼこを販売している愛知県の老舗練り物会社を提訴した

 「かに道楽」に不穏な情報がもたらされたのは年明けのこと。愛知県豊橋市の練り物会社「ヤマサちくわ」が「かに道楽」という名称のかまぼこを販売しているというのだ。同社は江戸期の創業。約190年にわたり、ちくわなどを製造してきた老舗中の老舗だった。

「コラボ商品と混同される」

 カニ料理専門店「かに道楽」は、昭和47年12月に名称の商標登録を出願、58年10月に登録されている。「かに道楽」側は書面でのやり取りで「今後、かに道楽の名前を使うのはやめてほしい」と要望したが、「かまぼこ・かに道楽」を販売している練り物会社側も先に使っていたのは自分たちだと譲らなかった。

 このため、「かに道楽」は今年8月、提訴に踏み切った。

 訴状によると、「かまぼこ・かに道楽」は、東海地方で販売されている冬季限定の商品。表記も読み方も同じため、「かに道楽」側は商標権を侵害していると主張している。

 同社はカニ料理店経営のほかに「かに道楽」と銘打った商品の製造や、他社とのコラボ商品も売り出していることから「『かまぼこ・かに道楽』の販売は、消費者や事業者に原告の商品もしくは原告とのコラボ商品との混同を生じさせる」と訴えた。

 また「『かに道楽』の著名性を考えると、被告に故意または過失があったことは確実だ」とし、名称使用に対して練り物会社から受け取るべき金額は「売上高の5%はくだらない」と指摘。かまぼこの販売価格600円(税抜き)の年間販売個数を約5千個と試算して、過去3年間の損害賠償45万円の支払いも請求した。

かまぼこは2年“先輩”だった?

「産経WEST」のランキング