産経WEST

【衝撃事件の核心】おなじみ「かに道楽」商標権バトル勃発 「道頓堀のシンボル」の〝敵〟は愛知のかまぼこ…どっちに軍配?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
おなじみ「かに道楽」商標権バトル勃発 「道頓堀のシンボル」の〝敵〟は愛知のかまぼこ…どっちに軍配?

「かに道楽」の商標権をめぐって法廷バトルが勃発した。大阪・道頓堀のシンボルである巨大なカニ看板で知られるカニ料理専門店「かに道楽」が、同じ名称のかまぼこを販売している愛知県の老舗練り物会社を提訴した 「かに道楽」の商標権をめぐって法廷バトルが勃発した。大阪・道頓堀のシンボルである巨大なカニ看板で知られるカニ料理専門店「かに道楽」が、同じ名称のかまぼこを販売している愛知県の老舗練り物会社を提訴した

 「かに道楽」と聞いて、何を連想するだろうか。もちろん浪速っ子なら「あれや」と即答するだろう。大阪・道頓堀のシンボルともいえる、巨大な動くカニ看板のことだ。だが、中部地方の人なら違うものを連想するかもしれない。愛知県の老舗練り物会社が販売しているかまぼこも、実は「かに道楽」という商品名なのだ。商標権はカニ料理専門店の「かに道楽」が保有しているため、同社は名称使用の差し止めを求めて大阪地裁に訴訟を起こした。しかし、江戸期創業の練り物会社も「うちの方が先に使っていた」と譲らない。商標権をめぐる争いの行方は-。

飲食店を超えた存在

 すっかり秋めいた10月下旬の日曜日。大阪・道頓堀の「かに道楽道頓堀本店」前は、いつものように外国人観光客や家族連れらでごった返していた。

 正面のカニ看板を撮影したり、カニの炭火焼きをほおばったり…。その存在は一飲食店の枠を完全に超え、名所・名跡とほとんど変わらない。「食いだおれの街」のシンボルとして、ランナーが両手を挙げたポーズでおなじみの江崎グリコの電光看板と双璧(そうへき)をなす。

 店のホームページ(HP)や訴状によると、道頓堀にカニ料理専門店「かに道楽」の第1号店がオープンしたのは昭和37年のことだ。営業不振が続いていた前身の魚介料理店「千石船」で提供した「かにすき」が大ヒットしたのを機に、屋号を「かに道楽」に変更した。

 「『かにで儲けさせてもらったから、かにで思いっきり、道楽をしてみたい』と捨て身の覚悟と無謀ともいえる熱意」(HP)を込めたという。

「かに道楽」という名のかまぼこの存在が発覚

「産経WEST」のランキング