産経WEST

京都に足なめ男 車の運転席で女性の足35分間なめ続ける 強制わいせつ容疑などで逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都に足なめ男 車の運転席で女性の足35分間なめ続ける 強制わいせつ容疑などで逮捕

 嫌がる女性の足を約35分間なめ続けたなどとして、京都府警生活安全対策課などは7日、強制わいせつ容疑で、京都市伏見区の配送業アルバイトの男(56)を逮捕した。京都府警によると、「覚えがない」などと容疑を否認しているという。

付近では同様の事件、過去5件

 逮捕容疑は7月23日午前0時ごろ、同区内の駐車場で、乗用車の運転席に座った20代女性の足元にもぐり込み、右足首をつかんで無理やり約35分間にわたり、足の裏をなめたり、足に歯を立てたりするわいせつな行為をしたとしている。

 府警によると、男は現場を通りかかった女性に、「車のブレーキの修理を手伝ってほしい」と声をかけて駐車場に誘導。運転席に座らせて「ブレーキを踏んで」と要求した後、運転席に体を潜り込ませ、足をなめたという。女性が携帯電話で撮影し、車のナンバーを覚えていたことなどから、男を特定したという。

 同区内などでは平成24年から今年9月、同様に女性が足をなめられたりする事件が5件発生しており、関連を調べる。

▼【関連ニュース】〝変態列伝〟に新たな1ページ 神出鬼没「全裸マン」御用…防犯カメラ前、あの行為

「産経WEST」のランキング