産経WEST

松葉ガニ1匹130万円 鳥取で初競り 地震からの復興へ「PRできれば」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


松葉ガニ1匹130万円 鳥取で初競り 地震からの復興へ「PRできれば」

鳥取市の港で初競りにかけられ、130万円で競り落とされた松葉ガニ=7日午前 鳥取市の港で初競りにかけられ、130万円で競り落とされた松葉ガニ=7日午前

 冬の味覚を代表する松葉ガニ(ズワイガニの雄)の初競りが7日朝、鳥取市の県漁協賀露支所で行われ、過去最高の1匹130万円で競り落とされた。鳥取県中部地震の影響で“カニのシーズン”に宿泊キャンセルが相次いだ中、競り落とした地元の仲買人は「(鳥取のカニを)PRできれば」と話している。

 ズワイガニ漁は6日解禁。鳥取県では昨年から県内で水揚げされた松葉ガニのうち甲幅が13・5センチ以上など5つの基準を満たしたものを新ブランド「五輝星」(いつきぼし)として売り出している。水揚げ全体の1%未満の最上級品で、130万円で競り落とされた1匹も該当する。

 昨年の初競りでは1匹70万円の最高値が付き、注目された。この日も値が一気に上昇し、130万円で競り落とされると歓声が上がった。

「産経WEST」のランキング