産経WEST

「号泣県議と同じ。法的措置の必要」共産府議の政活費不正に松井知事

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「号泣県議と同じ。法的措置の必要」共産府議の政活費不正に松井知事

 共産党大阪府議団の朽原亮(くちはら・まこと)幹事長が白紙の領収書に金額などを自ら水増しして記入し、政務活動費を不正受給していた問題で、大阪府の松井一郎知事は2日の定例記者会見で、朽原氏を詐欺罪などで告訴する方針を明らかにした。

 松井知事は朽原氏の不正について、「号泣会見」で注目された兵庫県議や辞職者が相次いだ富山市議会の不正と同じだとして、「公金詐欺なので返しただけで許していたのでは納税者は納得しない」と強調。「議会で調査し、どういう形でいくらごまかしたのかがはっきりすれば、告訴することになる」と述べた。

 朽原氏をめぐっては、白紙の領収書に実際よりも水増しした印刷代を記入。政活費約220万円を不正受給し、住宅ローンなどに充てたことが発覚した。政活費を返還し、議員辞職する意向を表明しており、4日の本会議で辞職が許可される見通し。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング