産経WEST

神戸空港運営「中心となって検討」 関西エアポート社長、応募に改めて意欲

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸空港運営「中心となって検討」 関西エアポート社長、応募に改めて意欲

会見をする、山谷佳之社長(手前)とエマヌエル・ムノント副社長(同2人目)=28日午後、大阪府の関西空港 (安元雄太撮影) 会見をする、山谷佳之社長(手前)とエマヌエル・ムノント副社長(同2人目)=28日午後、大阪府の関西空港 (安元雄太撮影)

 神戸空港の運営権売却について、関西国際空港と大阪(伊丹)空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長は28日、関空で開いた記者会見で「関西エアポートという会社が中心となって検討しないといけない」と、応募に意欲を示した。

 山谷社長は「関西は1つの空港システムという思いもある。だが、関空、伊丹をきちん仕上げることがトッププライオリティー。その先に神戸空港がある」と話した。

 「プロジェクトチームをつくりながら検討したい」と述べたが、「(提案審査書類を提出する)来年の6月末までに間に合う形で進めればいい」と具体的な時期は話さなかった。

「産経WEST」のランキング