産経WEST

【鳥取震度6弱】「発生パターンは熊本型か」専門家警戒呼び掛け 鳥取県は6年前、震源近くに「推定断層」設定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鳥取震度6弱】
「発生パターンは熊本型か」専門家警戒呼び掛け 鳥取県は6年前、震源近くに「推定断層」設定

 最大震度6弱を観測した鳥取県中部で起きた地震は震源の深さが11キロ程度と浅かったため、揺れが大きく大阪などにまで広がった。震源の東側には、昭和18年に鳥取で連続地震を引き起こした吉岡、鹿野断層などがあり、地震研究者らは「中国地方で地震が活発化している可能性がある」と指摘。2度の最大震度7の地震で大きな被害が出た熊本県と同様に鳥取は地盤が弱く、震源近くには活断層が多いため、「今後、同規模かそれ以上の地震が起きるとみるべきだ」と警戒を呼びかけている。

 東京大地震研究所の古村孝志教授は「今回は吉岡、鹿野断層の延長線上の活断層か、それらのエリアの地中に隠れた別の断層が動いた可能性がある」と分析。「この付近の日本海側は帯状に活断層が集まっているエリアで、熊本地震のように活断層同士が影響しあう可能性もある」とする。

 京都大防災研究所の西村卓也准教授)によると、鳥取県はフィリピン海プレートによって地殻が北西に押されており、衛星利用測位システム(GPS)でひずみの蓄積が観測されていた。断層が水平方向に動く横ずれ型の地震が多く、今回もこのタイプだった。

 また、今回の地震の規模はマグニチュード(M)6・6だったことを指し、「遠くまで揺れが伝わった割に被害が限定的だったのだろう」と推察する。しかし、M7を超えると被害が大きくなる可能性があり、「今後、しばらくは揺れや火災などの被害に巻き込まれないよう警戒が必要だ」としている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング