産経WEST

【伊丹バラバラ遺体】切断遺体は大阪・生野在住の中国人留学生か 捜査本部が自宅を捜索、検証

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【伊丹バラバラ遺体】
切断遺体は大阪・生野在住の中国人留学生か 捜査本部が自宅を捜索、検証

 兵庫県伊丹市の猪名川河川敷で成人男性の切断された遺体が見つかった死体遺棄事件で、被害者とみられる中国人男性が大阪市生野区のマンションに居住していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警伊丹署捜査本部は同日、このマンションの部屋を捜索し現場検証。中国へ帰国し、殺害への関与を打ち明けた中国籍の20代の男との交友関係を調べるとともに、室内に事件に巻き込まれたことを示す物証や遺留品がないか調べている。

 捜査関係者によると、被害者とみられる男性は20代で、留学目的で来日し、日本語学校に通っていた。殺害に関与したとされる男とは知り合いだったという。

 男は10~11日の遺体発見から数日後に日本を出国。その後、阿倍野区のマンションで同居していた知人男性に、殺害に関わったと伝えた。知人男性は大阪府警を通じて捜査本部に情報提供し、男性のことを知っていると証言。男は中国の公安当局に出頭し身柄を確保されているとみられる。

 被害者とみられる男性の隣室に住む中国人男性(19)によると、男性は別の若い中国人男性と2人でルームシェアをして暮らしていたという。

関連ニュース

【伊丹バラバラ遺体】キャリーバッグなどの遺留品に犯人?の指紋、複数の刃物で切断か 遺体発見から1週間も身元の特定難航

「産経WEST」のランキング