産経WEST

六甲山でキノコ狩り…兵庫県立御影高校「キノコ部」、キノコの魅力アピール

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


六甲山でキノコ狩り…兵庫県立御影高校「キノコ部」、キノコの魅力アピール

標本作りや研究のため、六甲山でキノコを採取する御影高校“キノコ部”の生徒ら=神戸市北区 標本作りや研究のため、六甲山でキノコを採取する御影高校“キノコ部”の生徒ら=神戸市北区

 兵庫県立御影高校(神戸市東灘区)に一風変わった文化系クラブがある。正式名称は「環境科学部生物班」だが、実態はキノコを専門に研究する「キノコ部」。同市の六甲山で採取したキノコを収集して標本にし、研究成果を学会で発表したり、展示会を開いたりと本格的な活動を展開する。部員らは「六甲山では多種多様なキノコが育つ豊かな自然が残っている」とキノコの魅力をアピールする。

 部員は1~2年生の男女8人。同市西区のキノコ愛好家団体「兵庫きのこ研究会」のメンバーらと月に一回、同市北区の六甲山の再度公園周辺へキノコの採取に出掛ける。

 部員らは足場の悪い山でも登り、顔を地面に近づけながらキノコを探す。見つけると写真撮影し、丁寧に採取。これまで集めたキノコは約450種におよぶという。カレーのような臭いを放つ「ニオイワチチタケ」や、全国的にも確認例が少ないという「セイタカノウタケ」といった珍しいキノコも。「見た目はかわいらしいのに実は猛毒というギャップがたまらない」と部員たちはキノコに夢中だ。

 採取したキノコは業者に依頼して凍結乾燥させるが、樹脂を塗って標本にするのは部員がこなす。これらの標本約500点が市立森林植物園(同市北区)で開催中の「六甲山のキノコ展」で紹介されている。

 また9月16~18日に開催された「日本菌学会第60回大会」では、高校生ポスター発表部門で優秀ポスター賞を受賞。14年間のデータをもとにキノコの出現と気温、降水量の関係性の調査で、種類ごとに好む環境に違いがあることを確認した。

 同部副部長の広岡季陽里さん(16)は「身近にこれだけ多くのキノコが生えていることを伝えたい。またキノコの多様性を通して自然環境の保護を訴えていければ」と語った。

関連ニュース

〝珍しい〟キノコあるよ…六甲山で展示始まる 神戸・市立森林植物園

「産経WEST」のランキング