産経WEST

【門真4人殺傷】死亡父親をメッタ刺し、傷30カ所…ガスバーナー使い、窓割り侵入か 物色形跡なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【門真4人殺傷】
死亡父親をメッタ刺し、傷30カ所…ガスバーナー使い、窓割り侵入か 物色形跡なし

 大阪府門真市四宮の大工、川上幸伸さん(43)方で一家4人が刃物で襲われ、川上さんが死亡、3人が負傷した事件で、大阪府警捜査1課は19日、司法解剖の結果、川上さんの全身に30カ所の刺し傷や切り傷があったと発表した。一部の傷は内臓に達しており、府警は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した定時制高校生、小林裕真(ゆうま)容疑者(24)に強い殺意があったとみて調べている。

 小林容疑者の所持品からガスバーナーが見つかったことや、川上さん方に目立った物色の形跡がなかったことも判明。1階窓ガラスが丸形に割れており、府警は一家を襲う目的で窓ガラスをバーナーで加熱して割り、川上さん方に侵入したとみて捜査する。

 川上さんの死因は失血死。胸や背中を刃物で刺され、左右の肺にまで傷が達していた。左右の手足にも多数の傷があり、一部は抵抗した際にできた防御創とみられる。次女(17)も10カ所以上の傷が見つかった。現場に血の付いた短刀があったほか、小林容疑者のリュックサックに刺し身包丁やナタ、ガスバーナーが入っていた。

 小林容疑者は「指が痛み、血が付いているので状況的にやったのは間違いないと思うが、はっきり覚えていない」と供述。「私はだまされていた」と話しているが、川上さんの長女(19)は小林容疑者を「知らない」と説明している。府警の調べでも、一家と小林容疑者の接点は見つかっていない。

このニュースの写真

  • 死亡父親をメッタ刺し、傷30カ所…ガスバーナー使い、窓割り侵入か 物色形跡なし

関連ニュース

【門真4人殺傷】「何してんねん」「うるさいんじゃ」と昼夜問わず独り言で怒号、壁殴る音、高校時代はいじめに…近隣住民証言

「産経WEST」のランキング