産経WEST

消費税の輸出免税制度を悪用、約6億円も不正に還付 宝飾品販売会社前社長を再逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


消費税の輸出免税制度を悪用、約6億円も不正に還付 宝飾品販売会社前社長を再逮捕

 消費税の輸出免税制度を悪用し、6億円近くを不正に受け取ったとして、大阪地検特捜部は19日、消費税法違反容疑などで、名古屋市中区の宝飾品販売会社「ジュピター宝飾」の前社長、長谷川彰被告(49)=別の同法違反罪などで公判中=を再逮捕した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 再逮捕容疑は平成23年4月~26年5月、実質経営する時計輸出入会社3社が腕時計を国内で仕入れて輸出したように装い、計約5億9700万円の消費税還付を不正に受けたなどとしている。

 同制度では国内で仕入れた商品を輸出する場合、仕入れ時に支払った消費税が還付されるが、関係者によると、実際には国内の関連会社の在庫を香港の関連会社に運んだだけだった。

 長谷川容疑者は今年2~3月、別の会社に不正還付を指南した同法違反幇助などの罪で起訴されている。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】往生際ワルッ…逃走3週間、ラブホで身柄確保された「公僕」 病院舞台に1億5千万円還付金詐取?錬金術の全容

「産経WEST」のランキング