産経WEST

拘置所で刑務官蹴った収容者に催涙スプレー噴射 国に5万円賠償命令 「急迫した状況でなかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


拘置所で刑務官蹴った収容者に催涙スプレー噴射 国に5万円賠償命令 「急迫した状況でなかった」

 大阪拘置所で副看守長から催涙スプレーを噴射されたとして、元収容者の男性(51)=大阪市阿倍野区=が国に150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(比嘉一美裁判長)は19日、5万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は平成23年2月、信書が返還されないことに抗議して大声を出し、保護室収容となった。移動の際に刑務官を蹴り、副看守長が男性の顔に催涙スプレーを噴射した。

 比嘉裁判長は判決理由で、スプレーを使わざるを得ないほど急迫した状況ではなかったと指摘し「使用が必要な限度を超えている」と判断。精神的苦痛の慰謝料としては5万円が相当とした。

 また、拘置所が信書を回収した点の損害賠償請求については「いったん受信を許可し、返還の求めに対して再交付せず違法だった」と認定したが、時効を理由に退けた。

 判決後、男性は「拘置所が法を犯しては説得力がない。法務省として改善してほしい」と話した。大阪拘置所は「内容を精査し、今後の対応を検討する」としている。

関連ニュース

【エンタメよもやま話】貴社も?刑務所並み…社長5人に1人は「サイコパス」! デキる社員ほど精神面で…英米の研究者が警鐘

「産経WEST」のランキング